日本公司的礼仪礼节

   日期:2015-05-13     浏览:224    
核心提示:自己紹介のコツ自我介绍的小诀窍自己紹介は職場での第一印象を決定する大切なポイント。いや味にならず自分自身をさりげなくアピ

自己紹介のコツ

自我介绍的小诀窍

自己紹介は職場での第一印象を決定する大切なポイント。いや味にならず自分自身をさりげなくアピールするのがコツ。

要在工作单位树立良好的“第一印象”的关键是自我介绍。自我介绍的窍门就是不留痕迹地宣传自己,但又至于讨人厌。

● 配属部署、氏名はハッキリと。

●把自己所属的部门和姓名介绍清楚。

● ふだんより、ゆっくり大きな声で。うつむいたり、キョロキョロしたりするのは禁物。

●说话的声音要比平常缓慢、响亮。切忌低着脑袋,东张西望。

● これまでの経歴を簡略に述べる。苦労話やグチは禁物。

● 简略介绍自己的经历。切忌讲烦心事和发牢骚。

仕事にかける夢や意気込みをイキイキと語り、最後に指導や協力をあおぐことばでしめくくる。ことばづかいは丁寧に。

可以生动阐述自己对工作的梦想和热情,以恳求得到大家的指导和帮助作为结束语。注意措词要有礼貌。

ことばづかいの基本

措词上的基本要求

1. 依頼する時:「おそれいりますが」で始めて「~をお願いできますか」「~をしていただけませんか」。

1.请求他人时:开口应该说“不好意思”,然后说“可以请你。。。吗?”“可以帮我做。。。吗?”

2. 同意する時:「はい、かしこまりました」「承知いたしました」。

2.表示同意时:“是,知道了”“知道了”

3. ことわる時:「いたしかねます」「わかりかねます」と婉曲に。「できません」「わかりません」ではあまりに不愛想になる。

3.表示拒绝时:婉转地说“我可能做不了”“我可能弄不明白”。直接说“不行”“不明白”会显得很不客气。

4. 謝罪する時:「申しわけございません」が最適。「ごめんなさい」「すいません」は仕事上では不適当。

4.道歉时:最合适的话是“非常对不起”。在工作场合,说“ごめんなさい”和“すいません”不合适。

5. 礼を述べる時:「ありがとうございます」「おそれいります」。

5.表示感谢时:“谢谢”“不好意思”

ことわり方のマナー

拒绝别人的委婉方式

人と人、会社と会社とのつきあいのなかで、ことわることほど難しいものはない。ムッとさせるか、納得させるかはことわり方次第。

人与人、公司与公司之间的交往中,没有比拒绝更令人犯难的事了。人家能不能接受就看你的拒绝方式了。

● まずよく相手の申し出を聞くのが第一。ことわりのことばは誠意をこめて「申しわけありませんが」と頭を下げて言えばやわらか。

● 首先最重要的是认真听对方的请求。拒绝别人时,言语中应饱含诚意,低头说声“非常抱歉”就会显得很柔和。

● 「私どもの力不足で」「社の方針ですので」など、ことわる時にも相手の責任ではないというニュアンスが必要。

●言语中应暗示不是他的责任,而是“是我们能力不够”“因为公司的方针不允许”等。

頼み方のマナー

请求别人帮助时的礼貌

頼みごとをするときは「恐れいりますが」「恐縮ですが」で始めて、あくまでも謙虚に。

请求别人帮助时应该先说声“不好意思”“很冒昧”,始终保持谦逊的态度。

● 教えを請う時:「ご都合のいい時、10分ほどお時間いただけませんか」と、まず相手の都合を第一に。

● 请别人指教时:“在您方便的时候,请给我10分钟时间,可以么?”要先考虑对方时间等是否方便。

● 協力を頼む時:時と場合によっては上司からの援護射撃も必要。書類で、電話で、会ってと事の重要性を考えて手段を選ぶ。押しつけがましい、身勝手ととられないよう、相手の意見も充分聞く態度でのぞみたい

●请求协助时:根据时间和场合的需要,有时有必要得到上司的支援。根据事情的轻重缓急,可以从文件、电话、会面等选择一个合适的方法。希望认真倾听对方的意见,避免给人造成强加于人和任性的感觉。

 

 
标签: 走进日企

 
更多>同类商务日语