日语资讯
 

宁夏“西电东送”突破6000亿千瓦时

   日期:2022-12-07     来源:人民网日语频道    浏览:879    评论:0    
核心提示:截至12月4日零时,宁夏“西电东送”累计外送电量达到6002亿千瓦时,突破6000亿千瓦时大关。寧夏回族自治区の「西電東送」(西部地域で発電した電気を東部地域に送電)の累計外部送電量は4日午前0時現在で6002億kWhにのぼり、6000億kWhという大台を突破した。

截至12月4日零时,宁夏“西电东送”累计外送电量达到6002亿千瓦时,突破6000亿千瓦时大关。

寧夏回族自治区の「西電東送」(西部地域で発電した電気を東部地域に送電)の累計外部送電量は4日午前0時現在で6002億kWhにのぼり、6000億kWhという大台を突破した。

近年来,宁夏利用“省间互济”方式将发电通过特高压工程打捆进行外送,其中,新能源电力外送规模逐年增长。宁夏的清洁能源送向全国,在支援华北华东地区用电的同时,推动了宁夏能源优势向经济优势转化。

寧夏は近年「省間相互扶助」の方法により、発電を超高圧プロジェクトを通じ外部に送電している。うち新エネ電力の送電規模が年々増加している。中国全土に送電される寧夏のクリーンエネルギーは、華北・華東地域の電力消費を支援すると同時に、寧夏におけるエネルギーの優位性の経済の優位性への転化を推進した。

目前,宁夏已成为国家“西电东送”战略的重要送端。“西电东送”为保障华北、华东地区电力需求发挥了积极作用,为宁夏当地创造各类经济效益超1300亿元,增加就业岗位5万多个。

寧夏は現在、すでに国の「西電東送」戦略の重要な送電側になっている。「西電東送」は華北・華東地域の電力の需要を賄うために積極的な役割を果たし、寧夏現地で1300億元(1元は約19.6円)を超える各種経済効果を生み出し、雇用を5万人以上増やした。

 
0相关评论

 
更多>同类日语资讯
  • 日本知名汉方药企业首次直接采购宁夏中药材
    原标题:日本知名汉方药企业首次直接采购宁夏中药材新华网银川9月26日电(记者艾福梅)日本星火产业株式会社近日公布宁夏固原市彭阳县板蓝根质量检验合格报告,标志着该企业首次采购彭阳板蓝根将进入结算阶段。这是日本知名汉方药企业首次直接采购彭阳板
    彭阳县日本星火 2022-09-27
  •  宁夏为何被称作“星星的故乡”?
    宁夏位于中国陆疆几何中心,年均晴好天气约300天,是中国为数不多的绝佳观星地之一,近年来,不少世界知名天文摄影作品在宁夏取景,吸引诸多观星爱好者前来参观游学。宁夏为何被称作“星星的故乡”?宁夏气象服务中心副主任赵蔚向记者进行了解答。中国のほぼ
    宁夏天体自治区 2022-04-04