科学家为“上班摸鱼”正名:休息5分钟工作效率更高

   2023-04-21 人民网日语频道5120
核心提示:工作间隙发发呆、聊聊天,或者起身走走,这种现象在职场中越来越普遍,甚至有了专门的名字——“摸鱼”。“摸鱼”听起来似乎意味着偷懒、不专心、拖延……但法国巴黎大脑研究所在《当代生物学》上发表的一项研究成果显示,工作6小时就需要“忙里偷闲”,让脑

工作间隙发发呆、聊聊天,或者起身走走,这种现象在职场中越来越普遍,甚至有了专门的名字——“摸鱼”。“摸鱼”听起来似乎意味着偷懒、不专心、拖延……但法国巴黎大脑研究所在《当代生物学》上发表的一项研究成果显示,工作6小时就需要“忙里偷闲”,让脑子放松一下,才能更高效地工作。有时候,“摸鱼”并不是因为懒,而是大脑的确需要休息。

仕事中にボーッとしたり、雑談したり、席を立ってちょっと歩いたりする……。このような現象は職場でますます一般化しており、「摸魚」(サボり)という専用の呼び方までできた。「摸魚」(サボり)というと、「怠ける」、「集中して取り組んでいない」、「(仕事を)先延ばしする」といった意味があるように感じられる。しかし、仏パリ脳研究所が「カレントバイオロジー」に発表した研究成果によると、6時間働く場合は「サボり」が必要で、脳をリラックスさせて初めてより効率的に働くことができるという。「摸魚」するのは怠けているからではなく、脳が確かに休息を必要としているからだ。

该研究进行了一项6小时试验,将40位参试者分为需要做复杂决策的困难任务组,以及不需要消耗太多脑力的简单任务组。结果发现,随着试验进行,困难组参试者出现了明显的疲劳迹象。6小时后,与简单组相比,困难组参试者的大脑外侧前额叶皮层(LPFC)积累了更多谷氨酸(Glu),增加约8%。

この研究では、40人の被験者を複雑な意思決定が必要な難しい任務のチームと、それほど頭を使わない単純な任務のチームに分け、6時間の実験を行った。その結果、実験が進むにつれ、難しい任務のチームの被験者に疲労の顕著な様子が見られた。6時間後、単純な任務のチームと比べて、難しい任務のチームの被験者の外側前頭前野(LPFC)に後者よりも多くのグルタミン酸(Glu)が蓄積され、約8%増加した。

用脑过度会导致谷氨酸在大脑外侧前额叶皮层堆积,而这个区域主要负责认知控制。随着谷氨酸不断累积,就会感觉大脑 “转不动了”。此时,大脑需要做一些不需要思考、能轻松收获回报的活动,降低谷氨酸浓度,清理一下大脑内缓存的“废物”,才能更好地运转。

脳の過度な使用により、主に認知の制御を司るLPFCにグルタミン酸が蓄積される。グルタミン酸の蓄積に伴い、脳が「回転しなくなった」と感じるようになる。この時に脳は思考を必要としない気軽に達成感を得られる活動によりグルタミン酸の濃度を下げ、脳内の「廃棄物」を除去して初めて、より良く回転できるようになる。

美国北卡罗来纳州立大学研究表明,工作疲劳时“微休息”,只需要5分钟就能帮人们恢复精力,提高工作参与度,更加高质量地完成工作。微休息是指工作期间短暂、自发、即兴的休息,包括短暂离开工位、与同事聊天、身体拉伸等一些行为。

米ノースカロライナ大学の研究によると、仕事で疲れた時に5分間の小休止を挟むだけで、気力を取り戻し、仕事に自発的に取り組もうという意欲が高まり、仕事のクオリティが上がる。小休止とは仕事中の短い自発的な自由なスタイルの休息のことで、自席を一時的に離れたり、同僚と雑談したり、身体を伸ばしたりするといった行為が含まれる。

此外,发表在《实用心理学杂志》上的一项研究发现,上午注意力更集中,在10点或11点时休息一会儿,能让你的工作效率再次达到高峰。

また「Pratiques Psychologiques」に発表された研究によると、午前の方が集中しやすく、10時か11時に小休止することで作業効率を再びピークに持っていくことができるという。

 
标签: 谷氨酸 大脑 工作
反对 0举报 0 评论 0
 

免责声明:本文仅代表作者个人观点,与日语在线翻译网(本网)无关。其原创性以及文中陈述文字和内容未经本站证实,对本文以及其中全部或者部分内容、文字的真实性、完整性、及时性本站不作任何保证或承诺,请读者仅作参考,并请自行核实相关内容。
    本网站有部分内容均转载自其它媒体,转载目的在于传递更多信息,并不代表本网赞同其观点和对其真实性负责,若因作品内容、知识产权、版权和其他问题,请及时提供相关证明等材料并与我们留言联系,本网站将在规定时间内给予删除等相关处理.

点击排行