日语资讯
 

【冰品小常识】冰淇淋还有“软硬”之分

   日期:2015-03-28     浏览:365    评论:0    
核心提示:アイスクリーム、ソフトクリーム、シャーベット。この3つを頭に思い浮かべるのは簡単だろう。でもそれぞれの違いをちゃんと説明

アイスクリーム、ソフトクリーム、シャーベット。この3つを頭に思い浮かべるのは簡単だろう。でもそれぞれの違いをちゃんと説明できる人は意外に少ないのでは?

冰淇淋、软冰淇淋和果子露冰淇淋。大家肯定能轻易想到这3样东西的样子,但很少有人能清楚地说明它们之间的区别吧。

そこで日本アイスクリーム協会の方に3つの違いについて聞いてみた。
「見た目にはアイスクリームのようであっても、含まれる乳成分が一定以上なければ、法的にはアイスクリームとはいえません」

于是关于这三者的不同,我们采访了日本冰淇淋协会。
“虽然外观上都像冰淇淋,但如果所含乳成分不到一定量,原则上就不能称之为冰淇淋。”

なんでも一般的にアイスクリームと呼んでいるものは、正しくは乳製品の「アイスクリーム類」にあたるという(※ただし本記事では通例にならって、アイスクリームと呼ぶ)。それらは乳固形分や乳脂肪分などの割合によって次の3種類に分類される。

一般意义上的冰淇淋,正规来说是乳制品中的“冰淇淋类”(※不过,本报道依照惯例称为冰淇淋)。这些按照固体乳成分和乳脂成分的不同分为下面3类。

・アイスクリーム……乳固形分15%以上、乳脂肪分8%以上
・アイスミルク……乳固形分10%以上、乳脂肪分3%以上
・ラクトアイス……乳固形分3%以上

•冰淇淋……固体乳成分15%以上,乳脂成分8%以上
•冰牛奶……固体乳成分10%以上,乳脂成分3%以上
•乳酸冰淇淋……固体乳成分3%以上

上記のほかに1gあたりの細菌数や製造工程における定義もあるがここでは割愛する。また果汁に甘味を加えて凍らせたシャーベットは一般的に上記の分類には含まれず、一般食品の「氷菓」に分類される。

上述之外,每克所含的细菌数量和制造工序,在这些方面也有定义,在此不作叙述。另外,在果汁中加入甜味冻制的果子露冰淇淋一般不划分于上述分类,而被归类于一般食品中的“冰点心”。

こうした成分の違いは味にどう影響するのか?
「プレミアムアイスクリームなど高級感を謳ったものは、乳固形分や乳脂肪分の割合が高いものが多いですね」
乳固形分や乳脂肪分が多く含まれていると、口あたりの良さや滑らかさが加わり、コクやミルクの風味が増す。

成分的不同会对味道产生什么样的影响呢?
“优质冰淇淋等被冠以高级感的冰淇淋,固体乳和乳脂含量肯定很高吧。”
固体乳和乳脂成分含量高的话,增加口感滑腻度,口味的醇厚感和奶味也会提高。

だが最近は、植物性脂肪を使ったラクトアイスなどにもかなり口どけがよいものもあり、乳固形分や乳脂肪分が多いほどリッチな風味、とは単純に言い切れなくなっているよう。もちろん、どちらが良いということはない。濃厚な味が好きか、あっさりした味が好きかというのは人の好みによっても違う。

不过最近出了使用植物性脂肪的乳酪冰淇淋,口感也非常不错,并且这种口感不单纯是固体乳和乳脂含量丰富的醇厚风味。当然,两者没有优劣之分,有人喜欢浓厚的味道,也有人清淡的味道,因个人喜好而异。

ではソフトクリームとは何か?
「これは省令上の分類ではなく、工程上におけるひとつの呼び方です」
たとえば市販のアイスクリームは、フリージングした後、充てん包装され、マイナス30度以下の低温で凍結させてから出荷する。ソフトクリームとはこの工程でいえば、充てん包装前、フリージング直後の、いわば“出来立てのアイスクリーム”のこと。

那么,软冰淇淋是什么?
“这个不是规定上的分类,而是工序上的一种叫法。”
例如,市面上的冰淇淋是冻结后填充包装,之后在零下30度的低温中使之冻结,然后上市。而软冰淇淋从这个工序上来说,是指刚冻结好还没填充包装之前,即所谓的“刚做好的新鲜冰淇淋”。

つまり、ソフトクリームもアイスクリーム類の一種であり、その成分によって、「アイスクリーム」「アイスミルク」「ラクトアイス」に分類されるのだ。

也就是说,软冰淇淋也是冰淇淋的一种,根据其成分的不同,分为“冰淇淋”“冰牛奶”“乳酸冰淇淋”。

言葉の定義だけでいえば、家でもソフトクリームは作ることができる。アイスクリームを作り、まさに完成したその瞬間の出来たてこそがソフトクリームだからだ。ただし、アイスクリームの食べごろ温度はマイナス10度前後。対してソフトクリームの食べごろはマイナス6~8度と高め。店ではその温度で最も美味しく感じられるように工夫されていることも多いので、家でまったく同じ味わいを作るのは難しいかもしれないが。

仅从单词定义上来讲的话,在家也能制作出软冰淇淋。因为冰淇淋做好的瞬间就是软冰淇淋。只不过,冰淇淋的食用温度为零下10度左右,而软冰淇淋食用时大概为零下6-8度。店里为了做出该温度下最美味的冰淇淋花费很多心思,在家可能就很难能做出相同的味道。

細かい分類はともかくとして、とりあえずアイスをいただきますか。

不管什么详细分类了,我先去吃个冰淇淋吧

小编推荐:
2010年夏日专题>>>
【清凉夏日】最受欢迎日本冰淇淋特辑>>>

 
标签: 东瀛风情
0相关评论

 
更多>同类日语资讯