日语资讯
 

【皮肤保养】今天,你防晒了吗

   日期:2015-04-20     浏览:315    评论:0    
核心提示:紫外線と聞いて、何を連想するでしょうか。真夏の太陽? それとも日焼けした肌?紫外線量は、北半球では夏至のころ、6月に最も

紫外線と聞いて、何を連想するでしょうか。真夏の太陽? それとも日焼けした肌?
紫外線量は、北半球では夏至のころ、6月に最も多くなります。4月ごろから増えはじめますから、5月のよく晴れた日などは要注意です。真夏の7月、8月ともなると、大なり小なり、紫外線対策をしている人が少なくありませんが、春はまだ、対策があまりとられていないだけに、紫外線の影響を強く受けやすい季節なのです。「まだ大丈夫だろう」と油断していると、そのスキをねらわれてしまいます。

大家说起紫外线会联想到什么呢?盛夏的太阳?还是晒黑的皮肤呢?紫外线在北半球的夏至前后,即6月份最强烈。从4月份开始增加,5月份的晴天就要注意了。到了7、8月份的盛夏时节,很多人都多多少少会防紫外线照射,而春天的防紫外线措施却不怎么做,所以成为受紫外线影响最强的季节。一旦大意推断“应该还不要紧吧”,就会被钻空子了。

紫外線は、晴れている日だけでなく、曇りや雨の日でも地上に降り注いでいます。曇りの日は晴れの日の約50%、雨の日でも20~30%は地上に到達しているだけに厄介です。晴れの日に外に1時間いるのと曇りの日に2時間いるのとでは、同じ量の紫外線を浴びることになるわけです。

不仅在晴朗的日子,阴雨天时紫外线也会照射到大地上。阴天约为晴天的50%,雨天也有20~30%到达大地,真的很麻烦。晴天在外晒一个小时与阴天在外2小时,照射到的紫外线量相同。

同じことが、建物の中にいる場合についてもいえます。建物や車の中にも、ガラス越しに紫外線は届いています。建物の中の紫外線は屋外の1割以下といわれますが、時間が長くなれば、屋外で浴びるのと同じことです。春だから、曇っているから、建物の中にいるから、と油断していると、紫外線の影響で、皮膚はダメージを受けることになってしまうのです。

同样的,这在室内也可类推。即使在室内或车里,紫外线也能穿过玻璃射进来。虽说室内紫外线仅为室外的1成以下,可时间长了也跟在室外照射紫外线相同效果。因为还是春天,或是阴天,或是在室内,就放松警惕,从而受紫外线的影响,使得皮肤受到损伤。

紫外線によって生じる急性のトラブルは日焼けです。日焼けは英語ではサンバーン、つまり日光によるやけどです。ひどくなると水泡を生じ、発熱したり、命にかかわることもあります。通常の日焼けなら、赤くほてったり火ぶくれになったりしますが、やがて黒ずんで皮がむけ、見た目はだんだん元の状態に戻ります。問題なのは、こうした急性のトラブルが表面上は治ったように見えても、そのダメージが長い間につみ重なって、慢性的な皮膚の障害へとつながる恐れがあることです。

由紫外线产生的急性麻烦即晒伤。晒伤用英语来说叫sunburn,就是说被阳光烧伤。严重的还会起水泡、发烧、甚至危及性命。如果只是普通晒伤,也就皮肤晒红发烫而已,然后变黑脱皮,表皮会逐渐复原。问题是这类急性麻烦表面上看起来是好了,可其损伤却会在长时间内累积起来,有可能导致慢性皮肤损伤。

例えば、しみ・しわは肌の典型的な老化現象と考えられていますが、その大きな原因が紫外線であることがわかっています。紫外線によって受けたダメージが長い間につみ重なった結果、しみ・しわとなってあらわれるのです。光老化と呼ばれています。時に皮膚がんに発展することもあるだけに、注意が必要です。

比如,斑点和皱纹是典型的皮肤老化现象,现在知道其最大的原因即来自紫外线。长期受紫外线照射累积起来的结果就是,出现斑点和皱纹,这叫做光老化。有时候还会发展为皮肤癌,请务必要注意。

しみ・しわ、皮膚がんなどの症状は、かなりの年月がたってからでもあらわれるため、高齢になってから初めて紫外線の怖さを思い知らされることが少なくありません。また、症状のあらわれかたや皮膚がんへ結びつく度合いなどは、人種によって、また人によって大きく異なります。

由于斑点、皱纹和皮肤癌等症状即使经过相当长的年月也会显现出来,上年纪之后才了解到紫外线恐怖的人也不在少数。此外,症状的表现形式及发生皮肤癌的可能性,根据人种和个人的不同都有巨大差异。

仮にそういう点で同じ素質を持っているとすると、子どものころから成人するまでの間に紫外線をどのくらい浴びたかが、症状のあらわれ方や皮膚がん発症の重要なカギを握っています。要するに、子どものころから紫外線をたくさん浴びていると、それだけ皮膚の老化が早くなるのです。

假设在这些点上拥有相同资质,从孩童时代到成人这段时间会照射到紫外线的多少,将成为症状表现形式与皮肤癌发病的重要因素。总之,只要从小开始就大量照射紫外线,则皮肤的老化也会更早。

紫外線量が増える季節を迎えたら、日よけ、日焼け止めが絶対に欠かせません。特に春先は、紫外線量が多い割に肌が日差しに不慣れな分、ダメージを強く受けやすいからです。

到了紫外线增加的季节,遮阳、防晒绝不可缺。尤其是在初春,紫外线量较多,相应的皮肤不习惯日光,所受的损伤也更大。

最善策は屋外に出ないことですが、日常生活のいろいろな場面を考えると、それは現実的ではありません。屋外に出るとき、しっかりと紫外線の害を防ぐ日よけをすることが不可欠です。

最好的方法是不要外出,不过考虑到日常生活的种种场合,这又不现实。外出的时候,务必要做好防紫外线损伤的遮阳措施。

長袖で肌の露出を少なくし、つばの大きい帽子と日傘を使うと、かなりの部分がカバーされます。また、UVカット効果のあるサングラスで目に対する悪影響を防ぐことも忘れずに。できるだけ日陰を選んで歩くのも一つの方法です。

穿长袖装,少露出皮肤,戴上帽檐宽的帽子,或是使用阳伞,这样大部分都能遮住了。另外,也不要忘了带上有隔离紫外线效果的墨镜,防止对眼睛的不好影响。尽量选择走在阴凉处也是一种办法。

日语翻译学习日语网校:09年12月日语能力考【一级强化班】 报名>>>

日语翻译学习日语网校:09年12月日语能力考【二级强化班】 报名>>>

 
标签: 日本时尚
0相关评论

 
更多>同类日语资讯