日语资讯
 

中国扑翼式无人机单次充电飞行时间创世界纪录

   日期:2022-10-27     来源:人民网日语频道    浏览:926    评论:0    
核心提示:记者10月21日从北京航空航天大学获悉,近日,北航新概念飞行器团队自主研制与试验的双关节大鸟型扑翼飞行器创造了一项世界纪录——扑翼式无人机单次充电飞行时间最长飞行器续航时间为1小时31分04秒98。北京航空航天大学が21日に明らかにしたところによると、

记者10月21日从北京航空航天大学获悉,近日,北航新概念飞行器团队自主研制与试验的双关节大鸟型扑翼飞行器创造了一项世界纪录——扑翼式无人机单次充电飞行时间最长飞行器续航时间为1小时31分04秒98。

北京航空航天大学が21日に明らかにしたところによると、同大の新コンセプト飛行機チームが独自に開発し試験を行った2関節大鳥型飛行機が世界記録を更新した。オーニソプタードローン(鳥型飛行機、羽ばたき式飛行機)の1回の充電による航続時間の最長記録を1時間31分4秒98に延ばした。

扑翼飞行是生物的飞行方式,人类对其探索长达数千年。扑翼飞行机理复杂,控制困难,对机械系统要求极高。此前扑翼飞行器飞行时间均较短,大多只能达到半小时左右,显著落后于常规布局的其它类型飞行器。

羽ばたき飛行は生物の飛行方法で、人類は数千年にわたりこれを模索してきた。オーニソプターは仕組みが複雑かつ制御が困難で、機械システムに対する要求が極めて高い。これまでのオーニソプターは飛行時間が比較的短く、30分ほどが大半だった。これは通常構造のその他のタイプの飛行機に大きく劣る。

本次申请航时记录的双关节大鸟型扑翼飞行器,其理论飞行效率超过大部分固定翼飞机,于2021年初进行航时初步测试,实际飞行时间达到53分钟。经过动力系统与机翼动力学进一步优化调整,团队实现了扑翼机性能的再一次跃升,达成了当前记录挑战的最佳状态。

今回航続時間の記録申請を行った2関節鳥型飛行機は、理論的な飛行効率が大半の固定翼機を上回っており、2021年の年初に航続時間の初期テストを行ったところ、実際の飛行時間が53分に達した。動力システムと翼動力学のさらなる最適化・調整により、同チームはオーニソプターの性能のさらなる飛躍を実現し、現在の記録にチャレンジするベストのコンディションを整えた。

据悉,扑翼飞行器在军事侦查、火星探测、机场驱鸟、临近空间飞行器等领域具有重要的应用前景。

オーニソプターは軍事偵察、火星探査、空港の鳥対策、近宇宙飛行機などの分野で重要な応用の見通しがある。

 
0相关评论

 
更多>同类日语资讯
  • 全日空与美国JOBY合作 将在日本推出“飞行出租车”服务
    全日空与美国JOBY合作 将在日本推出“飞行出租
    JOBY研发的eVTOL飞行器(图片来源:JOBY官网)人民网东京2月22日电据日本媒体报道,日本全日空控股(全日空母公司)与美国JobyAviation航空公司(JOBY)日前达成合作协议,将在日本开展“飞行出租车”业务。JOBY研发的eVTOL(电动垂直起降)飞行器可乘坐5人
    飞行器日本大阪 2022-02-22