日语资讯
 

水獭现身广州南沙湿地

   日期:2022-11-01     来源:人民网日语频道    浏览:659    评论:0    
核心提示:近日,广州南沙湿地惊喜地迎来一位稀客!这位消失了快十年的老朋友国家二级保护动物——水獭,再次回归广州南沙湿地。広東省広州南沙湿地に最近、思いがけない「久しぶりの客」が姿を見せた。以前はこの地でよく見られていたものの10年近く姿を消していた国家

近日,广州南沙湿地惊喜地迎来一位稀客!这位消失了快十年的老朋友国家二级保护动物——水獭,再次回归广州南沙湿地。

広東省広州南沙湿地に最近、思いがけない「久しぶりの客」が姿を見せた。以前はこの地でよく見られていたものの10年近く姿を消していた国家二級保護動物のカワウソが、広州南沙湿地に戻ってきたのだ。

据湿地工作人员介绍,近日乘坐湿地游船经过芦苇荡时见到有个小家伙在河中游,工作人员随即抓拍视频,经广东省林业专家确认为国家二级保护动物——水獭。在湿地中出现的属于欧亚水獭。

同湿地の職員によると、遊覧船で葦が茂っている場所を通過した際、小動物が泳いでいるのを発見し、すぐにスマホで撮影したという。その後、広東省の林業関係の専門家により、国家二級保護動物に指定されているカワウソであることが確認された。同湿地に姿を現したのはユーラシアカワウソだ。

欧亚水獭是鼬科、水獭属动物,身体修长,60—80厘米左右,小耳,眼睛微鼓,着浅棕色和灰色被毛。

ユーラシアカワウソは、イタチ科カワウソ属の動物。細長い体形で、大きさは60—80センチ。耳が小さく、目は少し顔から出ているようについており、体毛の色は薄い茶褐色や灰色だ。

它们的食物主要为各种鱼类,也会捕食两栖类、鸟类、小型哺乳类、昆虫和甲壳类等动物。作为淡水和沿海生态系统中的顶级捕食者和关键物种,水獭常被认为是湿地环境良好的重要生物指标。

主に魚類を食べるが、両生類や鳥類、小型哺乳類、昆虫、甲殻類なども食べる。淡水生態系や海岸付近の生態系における頂点捕食者、キーストーン種であるカワウソは、しばしば湿地の環境が良好であることを示す重要な指標生物とされる。

 
标签: 湿地 水獭 南沙
0相关评论

 
更多>同类日语资讯
  • 新疆巴音布鲁克湿地近万只天鹅成初秋最美风景
    9月,新疆和静县巴音布鲁克国家级自然保护区的近万只野生天鹅吹响“集结号”,成年天鹅带领幼小天鹅开始练习飞行,它们将陆续开始南迁。9月になると、新疆維吾爾(ウイグル)自治区和静県巴音布魯克(バヤンブラク)国家級自然保護区では、野生のハクチョウ約
    和静和静县新疆 2022-09-14