商务日语
 

日企工作如何应对上司邀请

   日期:2015-05-12     浏览:203    
核心提示:日企“升官发财”的秘密大公开「○○君、今日空いてる?」『・・・またカラオケかよぉ』『・・・今日予定があったのにぃ』“OO君

日企“升官发财”的秘密大公开

「○○君、今日空いてる?」
『・・・またカラオケかよぉ』
『・・・今日予定があったのにぃ』

“OO君,今天有空吗?”
“……又要去卡拉OK吗?”
“……今天都有安排的说。”

会社に勤めている限り、上司から誘いを受けることがあるでしょう。最近ではセクハラ防止の問題もあり、上司という立場を利用して女子社員を誘うと問題になることがありますが、帰りが夜中になるとか2人きりになるとか等の特別な事情がない限り誘いには応じたほうがよいといえます。

在公司工作的话,总会有遇到上司邀约的时候吧。最近也有防止性骚扰的问题,虽然也有上司利用自己的地位邀约女性员工,最后发生问题的情况,但只要不是深夜才能回去,或是会出现两人独处的特殊情况,对于邀约还是答应比较好。

上司は仕事を円滑に進ませるため、職場では限界のあるコミュニケーションをとろうとそれなりに努力しているのです。誘いにはとりあえず応じておき、ころあいを見て途中で帰ればいいでしょう。最初から断ってしまうと角が立つこともありますし、不本意ながら断りが続いてしまうと、今度はお呼びがかからなくなったりします。あまり執拗に誘うと前述のセクハラ問題に絡むことがあるので上司も遠慮してしうのです。

上司为了工作更顺利的进行,会尽其所能在职场内外加深员工的交流。对于邀约最好还是先答应下来,看好时机再中途溜走好了。如果一开始就断然拒绝的话容易得罪人,虽然不是本意,但是像这样再三拒绝的话,以后就再也不会邀约你了。如果是太过执拗的邀约的话,就会有上述的性骚扰之嫌,想来上司自己也会注意的。

お酒が入ると上司の本当の性格や見えなかった部分が見えたりしますし、また上司から見た場合、部下であるあなたの良いところ、いつもと違うところをアピールできるチャンスでもあります。

三杯黄酒下肚之后,可能会看到上司本来的性格中不为人知的部分,另外,从上司的角度来说,这也正是你展示自己的优点,尤其是与往常不同的地方的好机会。

 

飲み食いがあれば当然お勘定があります。上司と行くから「おごり」と決め付けてはいけません。むしろ和やかにお開きにし、次回に繋げようとするなら進んで割り勘を提案しましょう。上司とて勘定を持つことは覚悟で来ていると思いますが、部下から割り勘の提案があれば嬉しいもの。お金のことよりその心遣いが嬉しいと思うものです。

既然要吃喝当然会涉及到结账的问题。即使是和上司同行,也不一定就是上司“请客”。应该要有一个好的开始,为下一次着想的话,更应该主动提议AA制。作为上司来说是带着请客的觉悟来的,如果由部下提出AA制的话,自己也会非常高兴。这不是钱的问题,而是对你的心意感到高兴。

上司がその場の勘定をもってくれた場合はきちんとお礼「ご馳走様」を忘れずにいいます。その場でいわないと言いそびれたりします。「ご馳走様」をすかさず言われてしまったら上司も勘定をもたざるを得ない状況になるので、まぁそれを狙ってもいいでしょう。

如果是上司请客的话,请一定不要忘记答谢说“承蒙款待”。如果当场不说的话以后就会忘记了。在说了“承蒙款待”之后也会使得上司处于不得不付账的状况,为这一点也不妨一试。

終電が無くなるまでの宴会は慎みたいものですが、やむをえない場合は上司のクルマで送って貰うこともあるでしょう。そのとき女子社員がいる場合には遠くとも女子社員を先に送るようにしてもらい、なるべく女子社員が最後に残らないように気を配ってあげましょう。

如果宴会持续到末班车之后的话可要注意了,在不得已的情况下也有可能让上司开车送自己的吧。在这种情况下如果有女性员工在要先送女性,不管她住的有多远,注意尽量不要把女性员工留到最后。

どうしても、女子社員と上司が最後になってしまう場合は、皆がいる前で携帯電話で家の人に帰宅時間を知らせるようにすれば、ある程度送り狼を防ぐことができます。

如果无论如何都无法避免女性员工和上司最后独处的情况,应该在大家都还在的时候用手机给家里打电话,告知自己的回家时间,这样的话应该能在某种程度上防止性骚扰。

別れ際にお礼を述べることはもちろんですが、翌日朝一番で顔を合わせたときにも簡単で構いませんからお礼をいいましょう。

在分别的时候当然要感谢对方,次日早上见面的时候也不要忘了再次致谢,即使是简单的套话也无所谓。

「昨日はどうもありがとうございました。とても楽しかったです」

“昨天真是太感谢您了,我玩得很高兴。”

この一言でその日1日の仕事が円滑に進むはずです。

就此一句话,应该就能使当天一天的工作很顺利的进行。


 
标签: 走进日企

 
更多>同类商务日语