就业冰河期:大学毕业=失业?

   2015-04-27 375
核心提示:大学までは問題なく卒業したけれど、社会に出たとたん、人間関係や組織への適応などが上手くいかなくなり、仕事に就けずに無職に

大学までは問題なく卒業したけれど、社会に出たとたん、人間関係や組織への適応などが上手くいかなくなり、仕事に就けずに無職になる。そんな“大卒無業者”の状況に追い込まれる人たちの存在が、顕在化するようになったという。

虽然到大学为止都毫无障碍的顺利毕业了,但是刚入社会,由于不能很好的适应人际关系和组织等,找不到工作沦为了无业者。像这样迫于“大学毕业无业者”状况的人们,渐渐进入公众视线。

大卒でも就職·進学できない若者は

即使大学毕业也无法就业或升学的年轻人

「全国の地域若者サポートステーション(厚労省が委託する就労支援事業:通称サポステ)に来る人たちの傾向を見ると、大卒の肩書を持った人たちは、(医療的背景があるケースを除いても)20·30%くらい。僕らの所に働くことにつまずいた大卒者が来ること自体、予想されていなかったと思うんですね」

“前往全国地区性年轻人支持站(厚生劳动省委托的就业支援事业:通称support station)的人中,有约20·30%的人拥有大学学历(除去有医疗背景的情况)。我以前甚至不曾预想到会有因为工作受挫而来到我们这里的大学生。”

大卒の肩書きを持った無業者が相談に訪れた数は、1000人を超えるという。当連載にも、以前記事で紹介した1年に300社落ち続けた男性を始め、メールで寄せられた体験談の中には、大卒や大学院を修了したような高学歴の人たちが数多く見受けられた。

来咨询的人中有超过1000人是具有大学文凭的无业者。在本连载以前的报道中,曾介绍过1年面试300个公司都以失败告终的面霸男,以此为开端我们看到了许多像这样大学毕业、研究生毕业的高学历者们的身影。

「結局、働くというところまで見てもらえないで、面接で落ちるんですよ。名もない大学卒だと、紙の段階でふるいにかけられる。人物本位とうたっていながら、人物に会うまでに戦力になるかどうかのハードルがあって、そこを超えられずに働く場まで行けない人たちが結構いるんです」

“结果在面试那关落败,看不到工作的希望。若是毕业于没有名气的大学,在筛选简历那关就被淘汰了。即便你高唱着应当以个人能力为标准,但是在见到公司领导前有门槛的存在,所以你是否能展现个人能力还是个未知数。有很多人都因过不了那一关,最终无法走入职场。”

警察庁は、2011年には、大学生ら150人が、就職活動の悩みを理由に自殺したと発表。また、文部科学省の学校基本調査速報は、大卒者で就職も進学も“できなかった”若者は約8万6000人に上ると推計しているという。

警察厅发布消息称2011年有150名大学生因就业烦恼而自杀。另外据文部科学省的学校基本调查快报推测,大学毕业生中无法就业也无法升学的人数,将上升到约8万6000人。

相关推荐:

大学生就业之在日企生存的黄金法则(公开课音频+回顾)

决不能对东京大学毕业生说的话

 
标签: 读·写·译
反对 0举报 0
 

免责声明:本文仅代表作者个人观点,与日语在线翻译网(本网)无关。其原创性以及文中陈述文字和内容未经本站证实,对本文以及其中全部或者部分内容、文字的真实性、完整性、及时性本站不作任何保证或承诺,请读者仅作参考,并请自行核实相关内容。
    本网站有部分内容均转载自其它媒体,转载目的在于传递更多信息,并不代表本网赞同其观点和对其真实性负责,若因作品内容、知识产权、版权和其他问题,请及时提供相关证明等材料并与我们留言联系,本网站将在规定时间内给予删除等相关处理.

点击排行