日语学习
 

西伯利亚“大坑洞”,使徒"来袭"!

   日期:2015-05-15     浏览:197    
核心提示:シベリアに突如出現した巨大な「穴」の正体とは?西伯利亚突然出现的巨大的坑洞的真面目是?ロシア・シベリアにあるヤマル半島で

シベリアに突如出現した巨大な「穴」の正体とは?

西伯利亚突然出现的巨大的“坑洞”的真面目是?

ロシア・シベリアにあるヤマル半島で、直径が30メートルもある巨大な「穴」が発見されました。

俄罗斯西伯利亚的亚马尔半岛,发现了直径30米的巨大的“坑洞”。

世界の終わりを感じさせる巨大な穴は以下のムービーで確認できます。

让人感受到世界末日的巨大的坑洞也只有在电影里出现过。

シベリアのヤマル半島上空を飛ぶヘリ。画面左上に巨大な穴が見えてきました。

西伯利亚亚马尔半岛上空飞行的直升机(所拍摄的画面)。可以看到左上角巨大的坑洞。

穴の直径は30メートル。穴の周りには樹木は見られずゴツゴツした岩場になっている模様。

洞的直径约为30米。洞四周是树木已经看不见了,成了一个凹凸不平的采石场的花样。

穴は地中奥深くにつながっていそう……。

坑洞好像通往地下深处......

この穴は、2014年7月中旬に突如として現れ、発見された当初は「巨大な隕石の衝突によるクレーターではないか?」と騒がれました。しかし、ロシア人考 古学者のアンドレイプレハノフ・サレハルド博士によると、この巨大な穴はメタンガスが噴出してできたものであるとのこと。

这个洞是在2014年7月中旬时突然出现的当初被发现时因“是巨大的陨石碰撞造成火山口?”的说法而引发了骚乱但是,俄罗斯古学安德烈伊夫诺哈诺夫・萨列哈尔德博士说,巨大的洞穴喷出的是沼气类的东西

シベリアに広がる永久凍土に は、メタンハイドレートが含まれており、融解すると二酸化炭素やメタンなどの炭化水素が放出されることがあります。2012年・2013年は猛暑で、シベ リア付近の気温が平年に比べて5度ほど高かったため永久凍土が融解。地中に閉じ込められていたメタンが一気に噴出し、地表面が崩壊したことで巨大な穴に なった、とサレハルド博士は考えています。

西伯利亚地区被广阔的永久冻土覆盖,同时包含了甲烷水合物,熔化后的二氧化碳、甲烷等的碳氢化合物被释放出。由于2012年至2013年的酷暑,西伯利亚附近的气温比往年高了5度,致使永久冻土开始融化。地下被储蓄已久的甲烷一口气喷出,地表被崩坏后形成了巨大的坑洞,萨列哈尔德博士如是说。

ドイツの地質学者・ハンス・ヴォルガング博士は、「このヤマルの穴ほど巨大なものは、永久凍土の融解が原因でできた穴としては見たこともないほどの規模である」と述べ、穴ができた背景に長期的な地球温暖化の影響があるのではないかと指摘しています。

德国的地质学家汉斯.布鲁戈努描述说“这个亚马尔的坑洞真的很巨大,只是永久冻土融化的原因是无法达到深不见底的规模的。 ”并且他还指出了能够形成这样的坑洞,背后的原因可能是收到全球变暖的影响。

相关推荐:

FNN新闻精听:拥有透明血液的鱼类首次公开

2014上半年日本娱乐圈十大八卦新闻

 
标签: 读·写·译

 
更多>同类日语学习